7月22日「鶴岡市スマート農業研修」を開催しました。

第2回目のテーマは、「センシングと画像解析」です。

 リモートセンシングとは何か?から始まり、そのしくみについて説明を行いました。
また、精度の高いリモートセンシングから得られる情報は、「現在・過去」だけではなく、「未来」をつくりあげていくものであること、センシングにより圃場それぞれの特徴を把握し、「ムラ」「ムダ」を見直すと同時に、生産者様の「ムリ」を減らすことにつながるということをお伝えしました。

受講生様から多くの質問もいただき活発な研修となりました。

次回開催は10/28です。「健康な土づくり」について、その対策方法をお伝えします。

ファーム・フロンティア