JA秋田しんせい様:「第9回営農指導基礎研修会」研修を開催しました。

11月12日(木)JA秋田しんせい様にて、第9回目の研修を行いました。

今回の研修テーマは「米の食味向上・品質向上」です。

食味の良いお米とはどのようなものなのか、外観から見た場合、精米中の成分から見た場合、水稲の生育状態から見た場合など、それぞれのケースについて説明を行いました。

また、千粒重が大きくタンパク質濃度の低いお米にするにはどのようにしたらよいかなどについて解説を加えました。さらに、千粒重が大きい米、窒素あたりの生産効率の高いイネの米のタンパク質濃度が低くなる理由についてもお伝えしました。

最後に、高温気象下でこそ土づくりが重要であることを強調し、一緒に頑張っていきましょうとエールを送りました。

 

次回は12/3最終回です。今年の稲作の評価と次年度の対策についてとことん語り合います。

ファーム・フロンティア