1月28日「食と農のビジネス塾」で研修をさせていただきました。

「稲作の栽培管理」をテーマとし、稲作を取り巻く環境と課題について講義を行いました。

はじめに「気象災害」について、近年の平均気温と日照時間は全国的に高温と日照不足の傾向にあること、これらが稲の生育に影響を及ぼしていることなどグラフを用いて解説を行いました。

また、生産体制の変化への対応について労働力不足や規模拡大などにより作業の効率化や省力化が図られていることなど説明しました。対策としては、土づくりを強化することや基本技術の励行が望ましいことを述べました。

最後に、“農業は単に農産物を生産するだけの仕事ではなく、人々の幸福の基盤となる誇り高き仕事”であることから、皆さんは幸福配達人です。おいしいものを消費者に届けて皆さんを笑顔にしてください、こころから応援しています、とエールを送りました。

ファーム・フロンティア