【酒田市スマート農業実践研修会を開催しました】

6月1日に酒田市様主催の「スマート農業実践研修会」を開催しました。

 

第1回となる研修のタイトルは「酒田市の稲作の現状と課題」です。講師は弊社会長の藤井弘志が務めました。

初めに、稲作を取り巻く環境とその変化として、稲作の方向性や地域の戦略についてお伝えしました。効率化や省力化が求められる今、特色ある稲作のポイントや、マニュアル化されていない技術の継承について解説を行いました。あわせて土壌管理には変化を知り、対応していくことが大事であることをお知らせしました。

参加者の皆様はメモを取ったりうなずいたりしながら聞いてくださいました。

この研修は全8回で、今後、気象、スマート農業、土づくり、農業機械などのテーマで開催します。

 

なお、全員の方に土壌分析もサービスで行います。phとCECをもとに圃場の健康状態を導き出し、結果とともにコメントをつけた処方箋をお出しします。これにより、圃場がどのような状態であるか、どのような手当てをすればよいか、具体的な数値とわかりやすい表現でお伝えします。

次回は6/8(火)です。異常気象への対応についてお伝えします。

ファーム・フロンティア