7月16日 農林大学校にて講演を行いました

7/16:山形県立農林大学校で開催された「スマート農林業Ⅰ」にて、講演をさせていただきました。

タイトルは「リモートセンシング技術を活用したドローンによる水稲葉色診断と施肥作業への活用」です。

はじめにスマート農業の本質と戦略について、人工衛星やドローンによるセンシング事例について解説を行いました。あわせて今後の稲作が大規模経営や大区画圃場になっていくであろうとの予測から、スマート農業を賢く利用する方法とともに、基本技術が重要であると説明を行いました。
1年生62名の皆様は一生懸命聞いてくださっていました。

講演後、弊社のドローンでデモ飛行を行いました。
学生さんたちは機体やカメラの「鳥の目」に興味津々のようでした。

これから就農される皆様の農業の未来が、明るく希望の持てるものであるよう願わずにはいられません。
お若い方からエネルギーをいただき、こちらも気持ちを新たにしたのでした。

ファーム・フロンティア