7月20日 JA庄内みどり様「第2回新人営農指導員研修」を開催しました

7月20日:JA庄内みどり様 新人営農指導員研修を開催しました。

この研修は経験年数が2年目までの新人営農指導員様を対象としたものです。
全8回で行われ、今回は2回目となります。

まずは苗について、“苗半作”といわれるように、苗質はその後の生育・収量などに大きな影響を与えることから、苗を知ることは、肥培管理対応に役立つこと、次年度以降の苗質向上につながることなど説明を行いました。
皆さん、真剣な表情でポット苗の調査を進めていました。その後近くの圃場に出向き、実際に調査を行いました。

また、稲作の年間スケジュールを6つの時期に分け、生育のポイントとなる活着期と分げつについて解説を行いました。

研修後の感想として、「今日学んだことで営農に活かせそうなことがあった」「土づくりについて知りたい」「フェーン現象について知ることができた」などのお声をいただきました。

この日の酒田市の最高気温は33℃。皆様汗だくでしたが、終日笑顔で頑張ってくれました。
次回は8/10です。調査データの解析法や生育ステージについて学習します。

ファーム・フロンティア