11月11日 第4回「鶴岡市スマート農業研修」を開催しました

第4回のテーマは、「土づくりの科学~なぜ土づくりが重要なのか~」です。

初めに、水の動きは畑や水田やハウスではそれぞれ違うことについて解説を行い、あわせて水田土壌の地力低下の要因には気候変動や有機物施用量の減少などが影響を及ぼしていることの説明を行いました。

さらに近年、田んぼがわいたという還元の報告が多く寄せられていることから、作戦としてまず土の性格や健康状態を認識、次に自分の圃場がどのような状態なのかという現状把握、そして解決に向けて課題抽出、計画を立案し、費用対効果を念頭に置きながらどの対策で進めていくのかを冷静に判断して欲しいとお伝えしました。

ですが、考えすぎて“面倒くさい。やーめた”となってしまっては現状維持も難しくなる可能性があるので、“少しだけでもやってみる“ことが重要であると力強く語りかけ、ぜひ自分だけの戦略マニュアルを作りデータを十二分に活用して欲しいとお伝えしました。

外は大雨でしたが、会場の中は受講生様のやる気で熱気ムンムンでした。

次回12/9は最終回です。「今年度の総括と次年度に向けた対策」です。参加者様との様々なディスカッションが楽しみです。

ファーム・フロンティア