12月15日 酒田もっけ田農学校 講義を行いました⑦

【12/15:もっけ田農学校講義を行いました】

第7回のテーマは、「農業機械の基礎①・②」です。山形大学農学部の片平光彦教授にご講義いただきました。

1時限目の「農業機械①」では「トラクタと耕うん」として、トラクタの種類や必要な性能について説明を行いました。動力取出し装置や三点リンクヒッチ、プラウの構造や、ロータリの種類など、写真や図とともに示し説明を行いました。

2時限目の「農業機械②」では「排水対策と収穫、安全」として、心土破砕や弾丸暗渠、排水対策のポイントをまとめたものについて解説を行いました。あわせて、農作業時の事故も少なくないことから、事故の発生要因を知り、ヒヤリとした経験を活かして安全に作業してほしい旨お伝えしました。

受講生様からは、プラウ、スタブルカルチをかける場合の期間や、耕うん爪からみて最適な作土深はどのくらいなのかなどの質問があり、片平教授は笑顔で応じていました。

 

次回は年明けの1/19です。「稲作の基礎④」「畑作の基礎②」です。

ファーム・フロンティア