12月22日 講演を行いました

【12/22:尾花沢市にて講演を行いました】

今年度から尾花沢市様の“次世代につなぐ営農体系確立支援事業”のアドバイザーをお引き受けしていることからお声がけいただき、尾花沢市にお邪魔してきました。

演題は「尾花沢市とスマート農業技術」です。

はじめに、日本農業の近未来予測として、農業従事者の高齢化や大規模化、耕作放棄地の拡大や地球温暖化による気象災害の増加などがあること、近い将来はこの傾向が大きくなること、そのための解決の糸口として、スマート農業を活用することが大事であると説明しました。

しかし、スマート農業でも解決できることと解決できないことがあること、スマート農業は道具の進歩であり、道具を使いこなす“農業者の視点”を忘れてはいけないと述べました。

最後に、スマート農業の本質は高価な機械を導入するというハード面だけではなく、基本技術励行の呼びかけや教育研修など、ソフト面でのフォローが必須であることをお伝えしました。

ファーム・フロンティア