「第3回営農指導員基礎研修会」を開催しました

2019年7月26日(金)にJA庄内みどり様の「第3回営農指導員基礎研修」を実施しました。
講師は、山形大学農学部教授の藤井弘志先生です。

テーマは、「働きながら学ぶ稲作講座 ~フィールド調査法Ⅰ+センシング理論~」です。

はじめに今年の稲の葉の伸び具合について質問があり、受講生の皆さんから担当地区の状況を伺いました。
今年は稲の生育が早いということ、どの圃場も「ワキ」が見受けられることなどの意見がありました。

センシングの解析結果を撮影した圃場の画像データを使用し、受講生の皆さんがわかるように、葉色、茎数へ置き換えて説明をおこないました。

また、センシングはあくまで圃場のレントゲン検査であるため、重要なのは基本となる苗づくりや土づくりであることを営農指導員の皆様に知っていただき、現場に近い皆さんが、農家の方に伝えて欲しいと熱いエールを送っていました。

次回の開催は8/15(木)で「フィールド調査法+現地調査・圃場巡回」を行います。

    

 

 

 

 

 

 

ファーム・フロンティア